中間決算
中間決算

 

ボタン04

半期での実績の振り返り、事業計画の見直しをしていますか?


中間時点での会社業績を把握し、下半期の経営戦略を見直して、事業計画を達成しましょう!目標達成に向けてサポートいたします。

 

中間決算【解決】

浅沼経営センターグループが、ご提案する『中間決算提案書』では、こんなことがわかります!

中間決算01

下半期の経営戦略が分かります。 会社経営は、環境適応業とも言われます。 目まぐるしく変化する経済環境で会社を目標に向けて正しく導くのは経営者:社長しかおりません。 よって、社長の役割は非常に重要です。


浅沼経営センターグループが、ご提案する『中間決算提案書』では、半期を経過した時点での現状を把握し、今期の方向性を確認していただきます。 そこで今期の実績の振り返りをしていただき、これまでの成果の確認、これからの課題の抽出ができます。すると、下半期の経営戦略が見えてきます。 また、今期初めに立てた事業計画の見直し、修正を行うことも重要です。 経済環境が大きく変化する中で、今期始めに立てた事業計画が半期を過ぎると大きく乖離することもあると思います。 売上計画、経営計画をもう一度再確認し、「着地可能」な計画をする、「重点的な経費」と「抑える経費」を明確にすることで、やる気・がんばる気力が更に沸いてくると思います。 このような前向きでがんばる経営者のお役に立つことが浅沼経営センターグループの使命と考えています。 『中間決算提案書』では・・・

中間時点での会社の実績がわかります。
中間時点での会社の前年実績と今期実績との比較により、良くなった点、課題となった点がわかります。


例えば・・・

固定経費前年比115%増加・・・原因は、電力費の増加 前年の猛暑により7月の電力消費量が増加
したことにより基本料金が上がったことが原因です。 デマンドがあがらない対策を検討しましょう。
と、何が原因で、これからの対策は何が必要か、が明確になります。


目標値とのズレが分かります。
中間時点での会社の今期計画した目標と今期実績との比較により、目標どおりに達成できた点、目標どおりに達成できなかった点がわかります。


例えば・・・

売上高目標比110%達成!! 要因は、新規取引先を3件増やすことができたからです。 営業先のアポ取り作戦を、毎月欠かさず実行された結果です。
など、目標に対する原因が非常に明確になり、下期の戦略を決める重要なデータとなります。

 

キャッシュフローが分かります。


会社のお金の流れ『キャッシュフロー』がわかります。 営業キャッシュプローで資金を増やすことが出来たのか? 投資キャッシュフローで大きく資金が減少した要因は、5千万円の機械設備を購入したこと。 財務キャッシュフローが大きく増加した要因は、設備投資の資金5千万円を金融機関からの借入金で賄ったこと。 など、資金の調達や使途が明確にわかります。 そして資金の実績が分かるだけではありません。 『中間決算検討書』ではキャッシュフローを改善するためのヒントも掲載しております。キャッシュフローを改善するためのヒントからお客様に合った提案をさせていただきます。 比較して検討することにより、できた要因や出来なかった要因がわかります。 外部要因であったのか、内部要因であったかによって、今後の会社経営の戦略が変わってきます。 間違った戦略で下期を経営したらどうでしょうか? きっと結果も成果も・・・期待できないでしょう そうならないためにも、浅沼経営センターグループが、ご提案する『中間決算提案書』で経営をチェックすることをお勧めいたします。半期で一度立ち止まり、頭の中を整理整頓してみましょう! 一般的に行う中間決算が、浅沼経営センターグループが提供する「中間決算検討書」により一味も二味も変わります! 上半期の成果や課題を振り返り、下半期をどうすべきかを経営者の方々と話し込みながら下半期の目標を設定します。


ちょっと覗いてみると・・・                               


社長
『目標ですか?立てた目標を変えるという事ですか?』


担当者
『はい、上半期において目標より成果が大幅に出ている場合などは更に高い目標設定をする場合もあるでしょう。目標よりも大幅に成果が出ていない場合は下方修正が必要になるでしょう。更に、経営者の方々と下半期についての話し込みをさせて頂く事により攻めるべき部分や見直しをした方が良い部分が見えてきます。』


社長
『なるほど!!下半期に、より良い成果を出す事ができるのですね。じゃあ、うちの会社も試しにやってみようかな。』


担当者
『はい、現在半年で100万の黒字のようですが、上半期の目標は500万の黒字だったようですね。上半期で目標に対して400万の利益が不足している事になりますね。』


社長
『そうなんだよ。8月くらいまでは増産が見込めず売上が落ち込んだ状況が予測されるんだよ。ただし秋口からはかなりの増産が見込めると親会社が言っていたんだよ。』


担当者
『そうですか。それでしたら仕事が薄い今から8月にかけて秋口の増産に向けた準備も必要ですね。』


社長
『そうだね。今じゃなければ出来ない事をやってみるよ。計画も大幅に見直しが必要だね』


担当者
『そのとおりですね。その売上に合わせた経費計画も必要かもしれませんね。先送りできる経費はないか、逆に増産に向けて先行して支出したほうが良い経費は無いかなどを今から考えておく事が重要ですね。』


社長
『なるほど!!そうだね!今からやるべき事はたくさんありそうだ!!』


浅沼経営センターグループが提供させて頂いている「中間決算検討書」は、頑張る経営者の方々に、より良い成果を出して頂くためのツールとして好評を頂いております。 

 グループ業務内容
栃木県足利市本城2-1901-8
TEL:0284-41-1365(代)
FAX:0284-41-1340

 
 
バナー【本部】
バナー【医療】
バナー【相続】
バナー【労務】