リースか買取か
リースか買取か
リースには、ファイナンス・リースとオペレーティングリースの2種類があります。

 ファイナンス・リースとは、
ユーザーが希望する物件をリース会社が業者から購入し、ユーザーはその物件をリース会社から賃借するというものです。

 オペレーティングリースとは、通常レンタルと呼ばれているものです。

リース取引の多くはファイナンス・リース(金融取引)ですので、以下、リースといえばファイナンス・リースを指すものとします。


 リースのメリット・デメリット

リースの場合のメリット・デメリットを掲げながら、リースと買取の比較をしてみましょう。

メリット
・多額の購入資金を必要としない
・別途のメンテナンス料金が不要の契約がある
・金利変動のリスクがない
・メーカーリースであれば、銀行借入の与信枠を取らない
・全額経費処理ができ、支払額が一定のため、計画を立てやすい
・技術革新の早い機器は、リース満了の都度、最新機器に入れ替えができる
・固定資産税、保険手続きなど、所有に伴う事務負担がない

デメリット
・中途解約の場合、違約金が生じる場合がある
・使用不能になっても、リース期間中は中途解約できない場合がある
・リース期間の途中で最新機器への入れ替えができない
・リース金利は高めに設定されていることが多いため、トータルコストがかかる
・所有権はリース会社にある
・銀行系リース会社の場合、与信枠に影響することがある

※以上のようなメリット・デメリットを理解した上で、経済面だけでなく利便性を考慮した判断が必要です。
 グループ業務内容
栃木県足利市本城2-1901-8
TEL:0284-41-1365(代)
FAX:0284-41-1340

 
 
バナー【本部】
バナー【医療】
バナー【相続】
バナー【労務】